TOP>法人・自治体の方へ

法人・自治体の方へ

保健指導から健康施策・医療費抑制・データヘルス計画に

201511564234.jpg

「N-system」は、人々がこれまで知ることができなかった病気の予防度合い(リスク)など、「身体活動の基準」と「身体活動の評価」といった新しい価値を提供しています。「N-system」を利用することで、様々な健康サービスをご活用いただけます。自治体や健康保険組合様向けのサービスをご紹介いたします。

法人様向けサービス

201518211322.png 20151821140.pngのサムネイル画像のサムネイル画像 20151821157.png
地域・団体様の環境・状況に応じて、「メッツ健康法」を中心とした新しい健康施策をご提案いたます。

人々の日常的な身体活動調査で、将来の病気・病態リスクを判定。的確な対策で医療費抑制を実現します。

結果である健診データの原因となる生活習慣の傾向分析と、リスク判定で的確な計画づくりを支援します。


201518211547.png 201518211625.png 201518211655.png
クラウドにより何処でも人々の身体活動データを集計し、カテゴリー別に傾向分析を行います。 身体活動を評価する「N-system」だから可能なプログラムで生活習慣改善のきっかけづくりを支援します。 姿勢の良い歩き方も大事ですが、その人に適した頻度、強度、時間など歩きの考え方をお伝えします。

201518211924.png 201518211858.png  
運動習慣づくりの指導方法やコーチング、健康教育の仕方など、指導者向けの研修会を開催いたします。

N-systemを活用して「街の健康ステーション」や「地域コミュニティづくり」を支援いたします。

 

 

病気の予防度がわかる『N-system』の活用方法

「N-system」は様々なシーンで活用いただくことができます。

少人数でトライアルしたい、健康指導に使いたい、期間限定のイベントをしてみたい、大規模調査をしたいなど、

「N-system」は様々なご要望にお応え致します。ご興味がある方はどうぞお気軽にご相談ください。

保健指導の運動プログラムとして

201514203341.png

保健指導の運動プログラムとして特定保健指導や医療機関における患者様への運動プログラムとしてご活用頂けます。必要な運動量を歩数と中強度の活動時間の2軸のみで説明しているため、ウオーキングをベースとした簡単な運動指導が可能です。

地域の介護予防、健康増進事業として

201514203111.png

地域の介護予防、健康増進事業高齢社会が進行する中、医療費高騰に対する施策実施は不可避です。Nシステムは、運動継続に対するモチベーション効果も期待できるため、地域における介護予防や健康増進事業のひとつの手段として有用です。

健康政策立案の基礎データとして

201514203310.png

健康政策立案の基礎データとして上記介護予防、健康増進事業から取得できる地域住民の身体活動情報を集計・分析することにより、地域の運動習慣レベルを把握できるだけでなく、医療費抑制シミュレーションにより、今後の健康政策立案のための基礎資料を作成することが可能です。

健康づくり拠点の集客装置として

201514203559.png

健康づくり拠点の集客装置として医療機関、フィットネス施設、地域スポーツ施設、商業施設、公民館等に設置することにより、新たな健康増進事業の拠点づくりが可能となります。定期的に集客することができるため、コミュニティづくりに最適です。

組織の生産性向上ツールとして

201514203630.png

組織の生産性向上ツールとして近年、ストレス・うつ等による社員の健康不調は、企業の生産性にも悪影響を及ぼしています。Nシステムは、身体的疾患だけでなく精神的疾患予防ツールとして、組織の生産性向上施策にも活用できます。
 

個人の疾病予防ツールとして

201514203716.png

個人の疾病予防ツールとしてNシステムが対応している身体活動計をご使用頂ければ、個人の方でもご自宅のパソコンを活用して、個人の疾病予防ツールとしてご利用頂けます。指導者がいなくても、必要な身体活動基準が明確なため、個人で運動習慣チェックが可能です。
 

『N-system』を活用したサービス開発・共同開発

201514204238.jpg

既にこの『N-system』を活用したサービスやシステムの共同開発が行われています。シンプルな健康管理システムのため、他のシステムとの連動性も高く「N-system」の特徴を活かしたサービス開発が可能です。新たなシステム開発、そして既存サービスの付加価値サービスとして、健康サービスを展開していくことができます。


《N-systemを活用した共同開発の特徴》
・世界初の身体活動評価システム
・インターネットが可能なら利用できるクラウド型サービス
・歩数と中強度活動時間を管理するシンプルなシステム
・これまでのシステムを活用したノウハウと行動科学との組み合わせによる仕組みづくりのご提案

「N-system」ご利用までの流れ

法人・団体様のN-systemの導入、ご利用までには、下記のような流れになります。

N-systemのご利用に関するお問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

20151563820.jpg

ページ上部へ