TOP>ヘルスケアコラム>コラム>多目的トレーニングポールALPOの使い方
コラム

多目的トレーニングポールALPOの使い方

多目的トレーニングポールALPO
 
ソーシャルフィットネスコーチらの声を反映して完成した究極の貯筋運動専用バー。バーが身体軸の指標となり、正しいフォームの見える化に有効です。特にスクワット貯筋運動時には、誰もが安定した効き目のある筋トレを実践できます。椅子のないスタジオや広場など、あらゆるスペースでの貯筋運動教室の展開が可能です。筋利倍増プランにも最適でWで嬉しいバーです。ソーシャルフィットネスコーチの間では、「貯筋ポール」の名前で親しまれています。
 
 
軽量で丈夫なアルミニウムバー(長さ95cm 直径18mm)は手にしっくり馴染むEVAグリップなのでシニアの方にも握りやすく、先端のボール状のシリコングリップがポール体操(筋トレやストレッチ)をより一層の効果を引き出してくれ貯筋運動に最適です。
 
 

アルミポールの詳しい使い方はこちらの動画をご覧ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fod-nsystem.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/29

ページ上部へ